生産者と消費者の距離が近いフルーツ通販で安心のものを選ぶ

変わる市場

おしゃれな演出

ここ最近までは、ワインといえばフランスから輸入されたものというイメージがありました。この数年でその市場が大きく変わり、輸入物でもチリ産がフランス産と同様の人気を集めるようになっています。ですが、輸入物だけでなく国産のワインも大きな注目を集めています。
国産ワインで代表的なものといえば、やはり甲州ワインです。甲州ワインはその品質の良さから、海外でも人気があり、ワインの本場でも認められているほどなんです。ですが、逆に国内では市場規模が拡大しきっておらず、海外向けの生産という一面があります。
甲州ワインの最大の特徴は和食にも合うということです。通常、ワインを飲む際はフレンチやイタリアンといった、どちらかといえば濃い味付けの料理のお口直しという意味合いも含んでいます。ですから、繊細で薄味の和食にはなかなか合わないんです。ですが、甲州ワインは海外のワインと比較して酸味が低いこともあり、和食にも合わすことができるんです。
この甲州ワインの人気を皮切りに、国内の各地でもワインの生産が盛んになっています。ですが、やはり市場の大半を占めているのは、海外のワインです。日本のワインをより盛り上げ、世界でももっと高い評価を受けるために、まずは日本人自身が国産のワインの良さを知るところから始めなくてはなりません。
フランスやチリのワインしか飲んだことがない、またはワイン自体をあまり飲んでことがないという方も、一度甲州ワインを試して、国産のワインの良さを知ってみて下さい。