生産者と消費者の距離が近いフルーツ通販で安心のものを選ぶ

栄養たっぷり

赤ワインを注ぐ

ファストフード店などが増え、若い子世代を中心に偏食の人が増えています。肉しか食べない、魚は嫌い、野菜も嫌い、さらには食事をせずお菓子しか食べないという人までいます。子を持つ親としては特に野菜嫌いをどうにかしたいとい気持ちは強いはずです。
ですが、やはり特に小さな子どもにとっては野菜は食べにくいもので、嫌いという子がほとんでしょう。そんな野菜の代わりに、体の栄養となってくれるのがフルーツです。フルーツは栄養が野菜同様に高い食物でありながら、野菜に比べて非常に食べやすので、子ども好き嫌いをせずに食べてくれるはずです。
また、いつも同じフルーツであっても、ジュースにしたりゼリーにしたりヨーグルトに入れるなどアレンジがきくので、飽きることなく子どもも食べ続けることができます。
特に子どもが好むフルーツとして上げられるのは、みかんです。給食のメニューとしても人気で、価格も安いので家庭でも購入しやすいです。続いてはりんごです。これもスーパーでも年中購入できますし、ジュースやサラダなどにしても美味しく食べれるので家庭でも扱いやすいフルーツです。
続いて人気なのが桃と苺です。この2つは得に女の子が好んで食べます。みかんやりんごに比べると少し値はハリますが、栄養素は非常に高く体にも良いといえます。
フルーツは年々消費が減っているといわれています。ですが、野菜嫌いの子どでも嫌がらずに食べてくれる大切な食物です。食卓に一種類はフルーツを並べることをオススメします。